PROFILE

2018年5月より活動を開始した4人組ロックバンド・クレナズム。大学の同級生で結成。
シューゲイザーやドリームポップに影響を受けたサウンドで福岡市を拠点に活動中。
一度聴いたら脳裏に焼きつき、さまざまな情景を浮かばせる楽曲と言葉の強さがある。甘くさわやかな歌声とギターノイズがそれらを一層鮮やかに彩り、淡い世界へと誘う。
ライブを重ねる度に急速に進化を遂げ、活動開始1ヶ月でりんご音楽祭2018に出演。2018年8月には長崎Sky Jamboree前夜祭にも出演。
昨年12月、1stにしてマスターピースな初の傑作ミニアルバム『rest of the dusk』をリリース。同アルバムより12月12日に「ウエインは言った」を先行配信&MV解禁。12月20日には福岡の盟友バンドを集めた初の主催ライブ「stew」を開催し好評を得る。
そして2019年初頭、その興奮も冷めやらぬ1月31日、新作MV『白い記憶』を公開!
7月10日には、1stシングル 「花弁・いつかの今頃」をリリース、同時に「花弁」のMV解禁。
メンバーが影響を受けたアーティストはthe jesus and mary chainから宇多田ヒカル、BUMP OF CHICKEN etc.と多岐に渡り、まさにシューゲイザーとJ-POPの邂逅とでも言うべき新しいサウンドを紡ぎだしている次世代型ロックバンドの最注目株といえよう。

NEWS

WORKS